-

日刊紙の広告、スポーツ紙、街中にあるビラやダイレクトメールで「債務の効率化やります」「債務を統合しましょう」という内容の売り文句を閲覧することがありますよね。このようなものは、「片付け屋」「買取業」「つなぎ業者」と呼ばれる悪徳会社の詐欺広告の場合があるのです。これらを頼んだときには自己破産プロセスの中で免責承認をもらえないパターンもあります。「整理人」とはDMなどで債務者をおびきよせ、すさまじい代金を要求して債務整理を行うのですが本当は債務整理はなされず、債務者はさらなる負債スパイラルに堕ちてしまう場合が9割方と思われます。「買取屋」というのは債務者のカードで、家電製品、飛行機の券を大量に注文させて当人からその品物を値段の1割や40%で買取るというやり方が知られています。負債人は短期にはキャッシュが手に入りますが、少しすればクレジット会社によって商品価格の定額の支払い要求が送られて来ることになり、実際のところ債務額を増額させることになってしまいます。カード会社への詐欺であるとされて免責許諾を手に入れられなくなります。「紹介人」というのは、名の知れた消費者金融から拒絶された債務者にダイレクトな資金提供はせずに、融通をする違う店を教えて、高額な紹介料を受け取る悪徳業者です。紹介人は専門的なつなぎで融通可能になったように会話しますが現実には何もしておらず、単純に選考の甘めの店を知っているというだけなのです。このケースだと借金額を悪化させる結果となります。