-

自動車での事故に遭った状況で、自らが自動車事故の被害者であっても事故を起こした相手がミスを少しも受容しないという事は存在します。

例として、意思と関係してではなく注意不足で自動車を激突された状況などにこうした争いになってしまう危険性があります。

かといって、その場所で車のみの「物損」して片付けられ後で異常が現われてから通院した病院の証拠となる診断書警察に出すということは後手後手に回るとなるのは否定できません。

そうであるならば、事故の過失割合の認定にはどんな風な基準が決められているのでしょうか。

正しく言いますと、警察が認定するのは主として車の事故の大きなミスがあるのはどちらであるかという内容でありどちらに何割過失があるのかではありません。

最終的に決められた過失が認められた人が警察署から知らされる状況は全くありません。

従って、「過失割合」は事故に関わった人たちの交渉によって決められこの結果が自動車事故の賠償の算定の基準と判断されます。

この場面で、共に車の任意保険に入っていなかった時には、両方が真正面から話し合いすることしかできません。

しかしながら、当たり前ですがそういった話し合いでは、理性的でない押し問答になる時が高くなります。

まして、互いの意見に差があれば最悪、係争に進みますが、それは貴重な時間とコスト膨大な損です。

そこで多くの場合、互いの運転手に付随する保険の会社、その各々の自動車の保険の会社に話し合いを全て任せる策で、相当な割合を冷静に確定させるのです。

その際、自動車の保険会社は、それまでに起こった事故の裁判の判決から算定した判断基準、判例集等を土台として予想と話し合いを交えて過失の割合を算定します。

と言いつつも自動車での事故の際には巻き込まれたのか巻き込んでしまったのかに関わらず真っ先に警察に連絡するのがルールです。

その上で、自動車保険会社にやり取りして、やり取りを委任するのが順番となります。

正確なやり方さえ知っていれば、互いの無意味な交渉となるケースを回避できるに違いありません。